2015年01月10日

神様の祝福はどんな人が受けるのか?

朴洸烈.JPG統一教会
 朴 洸烈
 <2012 牧会者説教集 P.116~121>

 愛する食口の皆さん、一週間、いかがでしたか。おはようございます。きょうは恐ろしい話をしましょう。

 私たちには深刻に思わないけれども、普段の生活の中で、死に至る7種類の罪(堕落性)があります。驕慢、猜疑、怒り、怠惰、貪欲、歎息、情欲の7つです。私たちはこの7種類の罪(堕落性)によって、知らないうちに、永遠の命まで失い、地獄に落ちることがあります。この中で、きょうは4番目の「怠惰」について考えましょう。

 生活の中での怠惰は働かない、動きたくないということです。意欲がない、無気力、やる気がない、希望がない、永遠の霊人体が死ぬ、自分も地獄行き、子々孫々も地獄行きとなる恐ろしい罪(堕落性)です。爆弾より恐ろしいかもしれません。

 聖書で、イエス様は再臨に関して比喩で語られました。マタイによる福音書25章14〜30節を一緒に読みましょう。
続きを読む


posted by ffwpu at 10:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

霊界へ行く準備の人生

金 明健.jpg統一教会
金 明健
<2011 秋季 牧会者説教集 P.131~134>
訓読:『天国を開く門 真の家庭』81ページ

 「私たちは、この世に住んでいますが、この世の中だけがあるのではなく霊界があります。それでは、私たちが行くべき所、私たちが行って住むべき所はどこでしょうか。霊界です。霊界とは、愛の空気が充満した永遠の世界です。ですから、皆さんの一生は永遠の世界に入るための準備期間なのです」

 宗教の使命は神様と霊界を正しく教えることであると天地人真の父母様は語られました。

 本来、人間は神様や霊界が自然に分かるようになっていましたが、人類始祖の堕落の結果によって、人類はこれらの内容に対して無知に陥ってしまいました。それで、神様と霊界があるかないか、今も人々は論争しています。

続きを読む
posted by ffwpu at 19:55| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

メシヤに従い、天国に入籍しよう

kajikuri.jpg統一教会 第12代会長
 梶栗玄太郎
 <Today’s World Japan 2012 天暦2月号 P.50~55>

二月十九日、東京・渋谷の松濤本部の日曜礼拝で、梶栗玄太郎会長が説教を行いました。以下はその内容を整理したものです。なお、タイトルは編集部で付けました。 (文責・編集部)

訓読のみ言
 統一教会の第一条件は、心身一体です。それで、神様が天地創造される時、絶対信仰、絶対愛、絶対服従を命じたのです。自分が言えば、信じたとおりに実体が現れます。現れなければ、投入して現れるようにして成し遂げるのです。いくら大きなものでも、自分が命令したとおりに成し遂げられるというのです。願った以上に投入するので、完成するのです。

 天国は、神様の愛を中心として完全に一体となった夫婦が入っていく所であり、その一体となった夫婦によって生まれた子女たち、すなわち、神様を中心として一体となった家庭、氏族、民族をすべて率いて入っていく所なのです。
『天聖經』(「天一国主人の生活」)から

共に「金星」に象徴されるルーシェルとエバ
 皆さん、天体に興味がありますか? 

太陽系の惑星は九つ、最近は八つの数え方になりましたが、昔、それを「水金地火木土天海冥」と覚えたと思います。その中で地球に一番近い星は何ですか? 

金星です。この金星について少しお話ししましょう。
続きを読む
posted by ffwpu at 06:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

真の父母様の軸に合った人間になろう

kajikuri.jpg統一教会 第12代会長
 梶栗玄太郎
 <2010 夏季 牧会者説教集 P.31~37>

 私は北九州の筑豊炭田に生まれました。筑豊炭田は「炭坑節」とか「青春の門」の映画などで有名です。とてもエネルギッシュな所です。相撲取りの魁皇関、俳優の高倉健は隣の村です。小さいときには、よく集団でけんかをしていました。強かったです。亡くなった野球のオリックスの仰木彬監督は同じ高校の出身です。

 筑豊炭田の真ん中を南から北へ遠賀川が貫いています。その流域で生まれた人を「川筋の男」と言いますが、私はその川筋の男です。有名人ややくざなど、いろいろな頭領たちが出た所です。

 高校時代に空手をやっていたのですが、柔道の三船久蔵十段にお会いしました。空気投げの演武を見せてくれました。「質問がないか」と言うので、私は手を挙げて「武道とは、何ぞや」と聞きました。偉い人に聞くのが一番早いのです。「武道とは、真理を体得することである」ときっぱり答えました。

 次に会ったのがビリー・グラハムで、彼のクルセードに毎回参加しました。何か引かれていったのです。「間もなく偉い人が地上に来る」と言うのです。そのあとに原理を聞いたので、原理がスムーズに入りました。
続きを読む
posted by ffwpu at 13:13| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

長子権復帰と天一国完成

陸 泰昊統一教会
 陸 泰昊
 <2010 夏季 牧会者説教集 P.100~104>

訓読:『天聖経』p.1280「罪と蕩減復帰の長子権復帰」

 天一国完成のために苦労される皆様に聖霊の恵みがあふれる時間になりますことを祈願する心を持って、天一国成就のための神様の願いを共に考えていきたいと思います。

 まず、信仰生活について考えてみましょう。信仰というのは、神様を信じて奉りながら従っていくことを意味します。しかし、今までの信仰は、神様の全知全能の無限の力を信じて、その神様の能力によって人間の欲望を満たしていくために祈願する傾向が強く、それによって、ますます祈福信仰の過ちを犯し、信仰者の使命を果たせなかったのが現実でした。

 一方、「統一原理」から見る信仰は、神様が人類の親であることを信じて、その親の願いを成就するための生活を意味します。人類の親であられる神様の願いは何でしょうか? それは、子供である人類が幸せに生活することです。喜んで生きていく人類を見て、共に喜びを感じていきたいのが神様の願いです。神様の願いが人類の喜びにあるとすれば、その喜びの世界をつくるために祈り、活動する信仰者に対して、神様はどれほど喜んで恵みを与えられるでしょうか。兄弟姉妹の悲しみや悩みをなくし、喜びの中で生きていけるように助けてあげようとする信仰者には、神様から大いなる喜ばせる能力が与えられるでしょう!
続きを読む
posted by ffwpu at 10:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

神様と先祖に侍りましょう

朴 洸烈.jpg統一教会
 朴 洸烈
 <原理復興会講話集2 P.98~108>

 はじめに『いのちのまつり』という本について話したいと思います。これは子供たちに先祖の大切さを教えるために、よく読み聞かせているものです。コウちゃんという男の子が沖縄に行ってとても大きなお墓を見て驚きます。「これは誰の家ですか?」と聞くと、おばあさんが、「先祖の墓だよ」と教えてくれます。「先祖って誰?」。「あなたに命を与えてくれた人たちだよ」。

 おじいさんとおばあさんは、父方と母方、合わせて4人、曾父母は8人と、先祖をたどれば、すごい数になります。「先祖はこんなに多いんだよ」。それでコウちゃんが驚くと、「これだけではないよ。もっと多いんだよ」。たくさんの先祖がいるおかげで、あなたがいることを考えないといけないよと教えてくれるのです。

 きょう皆さんと考えたいのは、「家庭」についてです。きょうの話のキーワードは「家庭」です。日本人もアメリカ人も、韓国人もアフリカの人も、2000年前の人も、2000年後の人も、人間はみな家庭に生まれます。家庭が絶対的に大事なのです。
続きを読む
posted by ffwpu at 09:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

奇跡を起こす人生講座

前田雅和jpg統一教会
 前田雅和
 <原理復興会講話集 P.133~141>

奇跡とは?
 奇跡(奇蹟、英:Miracle)とは、どういうことを言うのでしょうか?

 ウィキペディアでは、「人間の力や自然現象を超えた出来事」とし、「神の力や宗教と結びついていることが多い」と説明されています。

 聖書をよく読んでみますと、「奇跡」という語は使用されていません。聖書では「奇跡」は、以下の三つの言葉によって言い表されているといわれています。

 【1】「神の力」(The Power of God):奇跡の起因からの名称である。
 【2】「驚き」(Wonders):奇跡の及ぼした結果からの名称である。
 【3】「 しるし」(Signs):聖書が使用する名称の中で、特に特徴的なのがこの語で、奇跡の意義からの名称である。

 以上のことから見ても、「奇跡」という単語は普段何気なく使っている言葉ですが、非常に宗教色が強く、神やメシヤという存在と深い関係にあるということがわかると思います。「神がかり的な」とか、「神が降りた」という表現も「奇跡」の表現となるのでしょう。
続きを読む
posted by ffwpu at 13:59| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

感謝と体験の生活

柳 根汀.jpg統一教会
 訓読:『天聖経』p.793〜
 「神様は、なぜ天地創造をしたのでしょうか。神様と人間と被造世界との関係を何を中心として結ぶかという問題を見てみるときに、それは知識でもなく、権力でもなく、お金でもないのです。それは愛の因縁を結ぶためだというのです。

 それゆえに、皆さんが生まれたのは、愛のゆえに生まれたというのです。愛のゆえに生まれ、愛を中心として暮らし、愛の結実の世界、愛の実の世界へ行くのです。愛の実の世界とは、どのような所ですか。そこが霊界なのです。その行く所、愛の結実を収穫する所が霊界なのです。霊界は、真実に生きた愛の内容を中心として評価を受ける世界です。それでは、その評価する主人は誰かというと、それが神様だというのです」
 

 皆さん、おはようございます。先ほど訓読したみ言は、神様が天地創造をなさった理由についてのみ言です。皆さんはどう思われますか? 統一教会の教えは素晴らしいではありませんか? その教えが素晴らしいと確信し、感動した方々が今ここに集まっていらっしゃいます。私たちはどの宗教の教えよりも、どの信仰者よりも神様についてよく知っているし、神様に侍る生活をしている成約聖徒たちです。霊界についてもそうです。そして真の愛についてもそのように学びました。ために生きることについても学びました。しかし、そのみ言をどのように実践しているのかを悔い改めながら、私たちの日々の信仰生活をどのようにして行くべきかを、共に考えていきたいと思います。
続きを読む
posted by ffwpu at 15:24| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

「成」

朱柄奎統一教会
 朱柄奎
 <2011 春季 牧会者説教集より>


み言:『平和神経』平和メッセージ12「後天時代にいる私たちの使命」)から

 最近、私たちは終末を感じさせられるような多くの報道を目にしたり、話を聞くことがあります。それでは果たして現実において具体的に天変地異として審判の時がやって来るのでしょうか。

 聖書を見ると、対照的な二つの話があります。一つはソドム・ゴモラの審判です。神様のみ使い2人がソドムにあるロトの家を訪れますが、町の男たちがロトの家を取り囲み、そのみ使いたちと関係を持とうと騒ぎ立てます。天使は男性として現れますので、それは同性愛ということになります。事実、ソドムは同性愛が蔓延していました。ロトはみ使いたちを守ろうと、自分の2人の娘を差し出そうとしますが、拒まれます。み使いたちは主の使いとして、この町を滅ぼすために来たことを告げ、家族を連れて町から逃げ出すように促しました。ロトたちが示された地に着くと、ソドム・ゴモラの町は硫黄と火によって審判されてことごとく滅ぼされていきました。
続きを読む
posted by ffwpu at 10:52| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

全力投球、死生決断

李 昌模.jpg統一教会
李 昌模
<2012 春季 牧会者説教集 114~117>

訓読:「天地人真の父母国民支持世界大会」講演文より

 「このような深刻で貴い時代を迎えて、皆様の人生にもこれから革命的な天宙的変化が訪れるべきでしょう。そのような意味において、天が下さるきょうのメッセージをもう一度要約してみようと思います。

 第一に、全祝福家庭はまず家庭の中で神様を中心として侍り、父母と子女が完全に一つとなる訓読教育を毎日実践しなさいということです。原理教育、真の父母様が下さった教材・教本教育、真の父母様の自叙伝の内容の教育、そして原理本体論の絶対性教育を徹底的に行うべきだということです。

 第二に、天は既に重生と復活の聖和権の恩賜を家庭単位まで許諾されたのです。ここには父母と子女間の完全一体を必要条件としています。絶対父母、絶対子女の基準を立てて、絶対家庭を築きなさいということです。

 第三に、真の父母様の血と汗がにじむ苦難の恩賜により、人類はすでに蕩減復帰時代圏を抜け出したというのです。したがって私たちはみな、真の父母様のご在世時に家庭、氏族、民族、国家、世界まで地獄圏を解放させるべき責任があるということを忘れてはならないのです。蕩減復帰時代が終わったとすれば、何の時代が到来するでしょうか?神様と真の父母様を中心とした勝利圏の太平聖代だけが永遠に続くようになるでしょう。

 第四に、私たちは既に神様の直接主管圏時代に進入しているという点です。皆様、天が宣布したDデーまで2年も残っていないと言いました。霊界の親族までも地上に再臨させて原理本体論教育を受けるようにして、一家庭で八代まで苦楽を共にしながら共に暮らすべき天宙安息圏の時代に立ち入ったという事実を肝に銘記し、また銘記してくださるようお願いします。アージュ!」

 今回、世田谷教会を代表して6人が年頭行事の式典に参加してまいりました。今の時代は、革命的、天宙的変化の時代だと言えます。昨年の地震を見ても、そのことが言えるかもしれません。新しい時代は、暗闇の時代が始まるのでしょうか、それとも暗闇が終わって明るい時代が始まるのでしょうか。
続きを読む
posted by ffwpu at 12:02| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。