2015年03月21日

神様の創造と永生

統一教会
佐野邦雄
<原理復興会講話集2 P.33~39>

 今日まで霊界を体験し証しする人は多くいましたが、霊界の存在する理由と目的を明らかにした方は誰一人いません。その理由は、その霊界を創造された神様が、どのような方であるかを知らなかったからです。この私たちの人生にとって、最も重大な疑問に歴史上初めて答えてくださった方が、文鮮明先生です。

 きょうは、「霊界が実在すること」、「霊界はなぜあるのか」、「霊界はどのような世界なのか」、「天国に入るためにはどのような生き方をしなければならないか」などのお話をさせていただきます。

神様(無形主体)
 最初に、神様とはいかなるお方かについて、お話し申し上げます。
 人間は、大昔から今日に至るまで、神を求めなかった時代はありません。洋の東西を問わず、神に救いを願い、神を信仰する宗教が、どれほど多くあったでしょうか。ちなみに現在日本には、約18万2000の宗教法人があり、宗教人口はなんと2億を超えると発表されています。
続きを読む
posted by ffwpu at 10:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

神様の最高の贈り物

田中敏明.jpg統一教会
 田中敏明
 <2012 春季 牧会者説教集 P.87~95>

訓読 :『天聖経 』「祝福家庭 祝福の意義 」P1332〜1334
 「先生が生涯で最も貴いと考えたものとは何でしょうか。祝福です。皆さんにとっても、人類歴史始まって以来、最高の贈り物は、祝福です。

 今日、皆さんは、まだ真の父母と完全な因縁を結ぶことができないでいます。ですから、その因縁を結んであげるためにしてあげるのが、統一教会の祝福です。

 祝福を受けた人は、霊界に行っても先生が永遠に責任を負います。先生が主管して指導します。祝福とは、このように先生と永遠の因縁を結ぶものでもあります。

 祝福をしてあげるということは、天の全権を委譲してあげることを意味します。

 祝福は、天国の門を開くことであり、天国は、子女をもって家庭が入っていく所です。

 祝福とは、永遠の宝物です。子孫万代を今から出発するという、一つの契約です。ですから、それを汚す時には一族が関係します。イエス様を十字架につけることによって、一国家が関連することになったように、一族に連結されます。

 祝福とは、歴史が追求してきた万民解放の門を開く鍵なのです。

 祝福を受けるということは、とてつもない事実です。祝福を受けた人は、神様の代わりに『私が定めれば、天宙も定める』という心で、主人として振る舞える人にならなければなりません。このような条件が備わってこそ、天が私たちを中心として生活理念を立てることができるのです。

 神様の祝福は、絶対的に公的なものです。その祝福は、ある個人だけのためのものではなく、またある家庭だけの、ある国家だけの、ある世界だけのためのものではありません。神様の祝福は、宇宙全体のためのものです。

 『祝福』という言葉は、福を祈るということです。祝願するの『祝』という字です。福を祈るのに、どんな福が一番貴いのでしょうか。愛の福が一番貴いのです。統一教会は、そのような意味で『祝福』という言葉を使うのです。一番貴いもの、宇宙の公約を代表した一番核心的な起源が、男性と女性が結合するところから始まるので、その祝福が一番偉大だというのです。

 その偉大なものが福を祈れば最高の福になるので、統一教会では結婚式を『祝福』と言います。初めて来た人々は、こういうことを知らなければなりません。統一教会で『祝福を受けた』というのは、今日この世で『福を受けた』というのとは違います。神様の立ち会いのもとに、真の父母を通じて結婚式をしてもらったということです。

 今、あのイギリスの王室にある530.2カラットのダイヤモンドは、昔アフリカでは石ころの扱いを受けていたのです。ダイヤモンドが世界で最も貴い宝石になることを、誰が知っていたかというのです。きらきら光るのを見て、単なるガラスの塊だと思っていたのではありませんか。

 全く同じです。この貴い祝福を受けたことは受けたのですが、これがダイヤモンドであるにもかかわらず、単なるガラスだと考えているのです。何も知らずにいたのが、先生から話を聞いてから『ああ! 貴いんだな』と言っているのです。

 祝福の中で一番重要なものとは何でしょうか。お金ではありません。名誉でもありません。いかなる権力でもありません。息子、娘が栄えていくことです。

 皆さんがそれを知らなければなりません。祝福の中で一番良い福とは何でしょうか。息子、娘が天の愛を受けることができるように生まれることです。それは立派に生まれることです。

 すると、どうなるのでしょうか。その息子が私より神様の愛をたくさん受ければ、恩恵を受けるようになります。そうではありませんか。山の谷間の向こうからこのように下りてきた電線のようなもの、この送電線のようなものを見れば、伸びていますが、ここでぎゅっと引っ張ればピンと張るのです。同じように、子供が天の愛をたくさん受けるようになれば、私がそれだけ落ちたとしても、ぐいっと上がることができるのです。恵みを受けるのです。 祝福の場に参加する人がいるならば、彼はただそのまま一人の男性、あるいは一人の女性という立場で参席してはいけません。その場は、今まで6000年間この世に来ては逝った数多くの男性、あるいは数多くの女性を代表した場です。その場に皆さんが招請を受けたという認識をもたなければなりません。皆さんは、そういう事実を、内情的な心情で体恤しなければなりません。

 祝福が成される今の時は、どのような時でしょうか。今は、神様の願いが成される最高の時であり、6000年間苦労してきた神様の恨が終わる時であり、この地へ来られ、御苦労された神様の息子、すなわちイエス様の願いが成される時です。それだけでなく、人間が創世以後、初めての愛が始まる時であり、万物の歓喜と尊貴と栄光を受けることができる時です。神様にとっても、この日がどれほど良いでしょうか。罪悪がみな消え、光明の太陽が昇った明るい天地を迎える日、全ての自然が和動し、全ての万象が踊る明るい朝、勝利の朝を迎える日です。

 先生は今、現実はこうですが、後日、先生が祝福した者の中から最後に残った一人が、世界的な人的資本として残り、栄光を受けることを希望して生きています」


 いよいよ2011年を閉じて、2012年に向けて出発しようとする時です。2011年をどのように終えて、2012年をどのように出発していくのか、そこが焦点です。

 私たちには、さまざまなことが起こります。お父様がいつ霊界に行かれるか分かりません。分からないけれど、必ずそういう一日が来るでしょう。その時に、「お父様が生きておられたら、こうしておけばよかった」「あのようにしておけばよかった」と、そういう悔恨の言葉を語る愚かな者になることがないようにしないといけません。
続きを読む
posted by ffwpu at 11:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

神様のもとの一家族世界を築きましょう

世界平和統一家庭連合 総裁
 韓 鶴子
 <Today's WORLD JAPAN 2014年天暦2月号P.7~10>


天一国二年天暦一月十一日(二〇一四年陽暦二月十日)、韓国・ソウル市内のホテルで、世界平和統一家庭連合、天宙平和連合などの共催で、約五十か国から各界の有識者約三百五十人が集い、「平和と人間開発の新しいパラダイムに向かって」をテーマに国際指導者会議の開会式が行われました。以下の内容は、文薫淑・ユニバーサル文化財団理事長により代読された真のお母様の「創設者基調講演」(英語)を翻訳し、整理したものです。なお、タイトルは編集部で付けました。

貴賓の皆様、宗教指導者、女性指導者、メディアのかたがた、平和大使、世界各国を代表してお越しの皆様、紳士淑女の皆様、二月十二日(天暦一月十三日)の基元節(一周年)を記念して開催されるこのとても重要な国際指導者会議にご参加くださり、誠にありがとうございます。

 「基元」(基礎)がいかに大切なものであるか、私たちはよく知っています。建築家やエンジニアをはじめとして、科学者、哲学者、少なくとも物事を組織立って考える人々は、このことをよく理解しています。同様に人間関係の基礎もまた大変重要なものです。脆弱で不安定な基礎の上に建てられたものは、後に大きな問題が生じるでしょう。この法則は全てに当てはまります。
 
私の愛する夫である文鮮明師は、恒久的な世界平和の確固たる基礎を築くために、九十二年の生涯をささげました。この目標に向かってたゆまず働き、あらゆる反対と迫害に耐え、乗り越えてきました。何ものも夫を阻むことはできませんでした。夫が自分の使命を全うしたこと、そして夫の確立したその基盤の上に私たちが築いていくことができるということを、日々、私たちの天の父母なる神様に感謝しています。
続きを読む
posted by ffwpu at 11:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

私たちを通して成される「大きいわざ」

_DSC4505_01.jpg統一教会
 李海玉
 <Today’s WORLD JAPAN2014年天暦12月号 P.22~29>
 二〇一三年十一月二十日、新潟県新発田市で「新潟教区特別集会」が開催されました。以下は、この集会で宋龍天・全国祝福家庭総連合会総会長夫人である李海玉先生が語った内容の一部を翻訳し、整理したものです。なお、タイトルは編集部で付けました。 (文責・編集部)

美しい国、日本
 美しい都市、新潟に来てとても感謝します。(拍手)しかし、何よりも皆さんに会えてとても幸せです。お元気ですか。(はい)朝ご飯、おいしく召し上がりましたか。(はい)(拍手)冷たい雨が降る中、お集まりくださり、ありがとうございます。(拍手)【ここまで日本語で語られる】

 日本語を勉強したい思いはあるのですが、時間の都合がつかなくて語学学校に行くこともできず、メモ用紙に書いたとおりに読みました。発音も良くないでしょう? いろいろな意味で、申し訳ありません。(拍手)私は今まで、「英語がうまくなりたい」と思ったことはありますが、「日本語ができるようになりたい」という思いは、一度も持ったことがありませんでした。しかし、日本に来てからは、日本語が上手にできないということに対して、本当に胸が痛みます。

 先日、私は、三か月間のコースで日本語を学ぼうと、語学学校に登録しに行きました。ところが、授業が(二〇一三年)十月一日から始まるというのです。真のお母様のご来日と重なるので、「約二週間、授業を抜けてもいいですか」と担当で勉強させたら良いではないですか」と話していました。ところが、彼らの反応は、特にうれしそうには見えませんでした。「子供たちも、あまり行きたがらない」と言うのです。むしろ日本が良いというので、私は心の中で、「本当に不思議だな」と思いました。なぜなら、特に韓国人の場合、子女がイギリスに行って勉強するのをとても喜び、そこで暮らすことを願ったからです。

 ですから、私はずっと、「なぜ日本人は、祖国を離れて生活するのをあまり好まないのだろうか」と、日本人を理解できずにいました。ところが、日本に来て生活してみると、そのような日本人の思いと態度が理解できるようになったのです。ここ、日本よりも良い所はないというのです。(拍手)

 日本のように、どこに行っても清潔で、人々が親切な所はありません。海外者に尋ねたところ、「それでは、受講を許可することはできません」と、断られてしまいました。ですから、いまだに一人でひらがなを書きながら、日本語を勉強しています。申し訳ありません。(拍手)一生懸命頑張ります。

 私は以前、日本の宣教師のかたがたに会うたびに、「ヨーロッパに来てください。ヨーロッパはとても良い所ですよ。子女たちも送ってください。イギリスで毎日ニュースを見ると、日本では地震や津波が発生するというので、自然もあまり美しいものではないと思っていました。ところが、そうではありませんでした。自然が非常に美しいのです。特に、この新潟に来て驚いたのが、スイスよりも美しいということです。(笑い)(拍手)

 東京から新幹線に乗って新潟に来る途中、窓の外を眺めていたのですが、雪に覆われた山と、その手前に紅葉で色づいた山が同時に映える風景を目にして、驚きました。秋と冬という二つの季節を同時に抱きかかえている、これほどまでに美しい山々を見たことがなかったのです。スイスに行ったときも、冬であればただ冬の山であり、秋であればただ秋の山であって、冬の山と秋の山を同時に見ることはなかったのです。(拍手)本当に、日本の驚くべき、美しい自然を楽しむことができました。

 そして、新幹線を降りると、非常に端正な制服を着た男性が、ゴミ袋を手に立っていました。私がそこにゴミを入れると、そのかたはゴミを受け取りながら、「ありがとうございます」と言うのです。ゴミを捨てて「ありがとう」と言われたことは、私の人生でただの一度もありませんでした。(笑い)このような国が、世の中のどこにあるというのでしょう。

 日本で生まれ育った皆様が、他の国に行って暮らしたくないというのは、あまりにも当然なことであると思いました。

 きょう、冷たい秋雨の降る中、早朝からバスに乗り、ここに駆けつけてくださった皆様に、心から感謝申し上げます。皆様を心から愛しています。言葉というものは、自分の心情と感情、そして、意図を完璧に伝えるには、足りない面が多くあると思います。しかし今、他の表現方法が見当たりません。

 昨晩、教会に到着し、祈祷するために両目を閉じたのですが、感情が激しく込み上げてきました。私は、皆様と個人的に親しくお会いする機会はありませんでしたが、昨日、祈りをささげる瞬間、皆様の思いが私の心の中にさっと飛び込んでくるような感覚を覚えたのです。
続きを読む
posted by ffwpu at 10:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

人生の目的を知ろう

三輪 誠ー1.jpg統一教会
 三輪 誠
 <原理復興会講話集2 P.94~97>

 皆様、おはようございます。原理復興会にお越しくださり、ありがとうございます。きょうは「統一原理」を紹介する上で、「人生の目的を知ろう」という題でお話ししたいと思います。

 2011年、新しい年を迎えましたが、今春卒業の大学生の中には、まだ就職が決まらず、焦っている方も多数いることでしょうし、心配されている親御さんも多いと思います。1月現在の就職率は68.8%です。3人に1人がまだ就職が決まっていないということになります。実際、求人倍率は前年の1.62倍から下がって、1.28倍ですし、5000人以上の大企業の求人倍率は0.47倍で、特に大企業が狭き門となっています。

 

続きを読む
posted by ffwpu at 11:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

一生を短く見積もる生き方

徳野英治統一教会
 第13代会長 徳野英治

一月四日、東京・渋谷の松濤本部で新年最初の礼拝が行われ、徳野英治会長が「一生を短く見積もる生き方」と題して説教を行いました。徳野会長は、説教に先だって訓読された「一生と永生」という項目のみ言(天一国経典『平和經』)を引用しながら、地上生活の貴さについて説明した後、「一瞬一瞬を大切に生き、天に褒められるような人生を送りましょう」と参加者を激励しました。以下は、その内容を整理したものです。(文責・編集部)

訓読のみ言
(天一国経典『平和經』から)
一生と永生
 皆様は、どれくらい生きると思いますか。「七、八十年は生きるだろう」と思うでしょう。その前には死ぬとは思わないのです。皆様は欲張りです。自分は「八十歳で死ぬ」とか、「百歳になって死ぬだろう」と絶対に信じたとしても、あす死ぬか、きょう死ぬか、分からないのです。御飯を食べながら死ぬか、または今晩、靴を脱いで部屋に入り、寝ている途中で死ぬか、分かるでしょうか。皆様は、「ああ、私は若いので、これから少なくとも四十年、五十年は生きる」という欲心をもっているでしょう。神様に保障されていますか。皆様はできるだけ短く、一年以内に死ぬものと考えてください。この短い期間に準備をすべてしなければなりません。そのような観念をもって、できるだけ短く見積もるほど良いのです。短く見積もるほど、損をしないのです。短い期間に正しく準備すれば、その内容が自分の永遠の生命の家を建てるのです。
 
それでは、その短い期間に神様を愛してみたでしょうか。神様と一つになって、神様と愛し合いたいのに、愛することができないのです。神様は、「愛しなさい!」と言われます。人間の世界で暮らす間、すべての人の中で一人でも神様に紹介するために、二十四時間、精誠を尽くしてみなさいというのです。そのように生きて死ねば、永遠の生命の主体になるのです。
 
皆様は何歳まで生きてから逝きますか。神様の命令によって、すぐに死ぬ場に出ていくとすれば、どうしますか。だとすれば、何かを残さなければなりません。天が自分を褒めることのできる何かを残すべきなのですが、自信はありますか。寝る時間が惜しく、食べる時間が惜しいというのです。心配しようにも、心配する暇がありません。
 
一生と永遠の問題ですが、その一生を短く見積もるほど、価値があるのです。他の人をどれほど愛するのか、人をどれほど愛する人になるのか、その次に、家庭をどれほど愛したのか、氏族をどれほど愛したのか、このように個人を愛し、家庭を愛し、氏族を愛するのは、全人類を愛するための教材です。彼らを愛するのは、全体を愛するための教材を愛することです。これをすれば、私たちの一生において絶対に損をしないので、この上なく知恵深い考えなのです。
│第四篇6祝福と永生(576〜577ページ)

神氏族的メシヤの使命完遂は祝福家庭に与えられた天命
明けましておめでとうございます。
 
新年最初の説教として、少しユニークなタイトルを付けました。「一生を短く見積もる生き方」というテーマでお話ししたいと思います。このタイトルは、真のお父様のみ言から引用したものです。
続きを読む
posted by ffwpu at 14:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

神氏族的メシヤ勝利のために最も重要なものは精誠

4529_02.jpg統一教会
 全国祝福家庭総連合会
 総会長 宋龍天

二〇一四年十一月五日、南大阪教区大阪教会に宋龍天・全国祝福家庭総連合会総会長夫妻を迎えて、「第九地区神氏族的メシヤ十一月度出発式」が行われました。以下は、この場で宋龍天総会長が語ったメッセージを翻訳し、整理したものです。(文責・編集部)

まず教会で四百三十家庭を勝利することから始める
 きょうは、このような神氏族的メシヤ出発式に参加された皆様にお会いできて、大変うれしいです。真の父母様は、先週の日曜日(二〇一四年十月二十六日)、全世界における伝道と神氏族的メシヤ摂理の勝利のため、世界連合礼拝を直接主管なさり、その場で、四百三十家庭を勝利して参加した家庭に天一国経典を下賜し、称賛してくださいました。そして、真のお母様は、彼らを、その日の午餐会に招待されました。午餐会は約千人が集まる中、天正宮博物館で開かれ、お母様は四百三十家庭を勝利した家庭をたたえるとともに、全世界から来た責任者に、「これから私たちが果たすべきことは、神氏族的メシヤの使命勝利である」と強調されたのです。
 
世界連合礼拝のときに、真のお母様は、「きょうこの場は、……氏族的メシヤ四百三十家庭を完了した(家庭のいる)二つの国を、私たちがもう一度、共に集まって祝賀し、激励し、『私たちも、私も、そのようにしてみせる』と誓うためにあります」と述べられました。
 
続きを読む
posted by ffwpu at 15:26| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

神の目的と我々の目的

文鮮明師.jpg統一教会創始者
 文鮮明
 
1965年1月28日


(祈祷)
「…今日、こちらの所に参りました。あなたの許したるここに集まった食口たちは、あなたの心情を通して集い来た子女でございます。日本の一億国民の中から選ばれ、召したこの食口たちを、どうか永遠の愛の心情の懐に抱いて、この罪悪の世界を力強く勝利として、生涯の勝利を先に立たせることができますように、この時間、力を注いで下さい。天の愛を注いで下さいませ。天の心情につながして、そうして我一人立って、この地を、あなたの懐に復帰さすことができますよう、一層誓いするこの時間となるように御恵み下さらんことを心よりお祈り申し上げます。どうか、今後の時間を授かって、勝利の一時間ができるように御導いて下さらんことを、心からお祈り申し上げます。この日本の統一教会におきまして、会長を中心としたる八ヵ地区に、永遠なる神の御恵みが共に、そうして地方に分かれておる食口たちを永遠にお守り下さらん事を、真にお祈り申し上げます。」

続きを読む
posted by ffwpu at 09:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

基元節の準備に万全を期しましょう

杉田佳巳.jpg統一教会
杉田佳巳
<2012 秋季 牧会者説教集 P.112〜161>
 皆さんもよくご存じかと思いますが、基元節(2013年天暦1月13日)まで、あと187日となりました。基元節は実体的な天一国の始発ですが、あと6カ月しか残っていません。天一国を創建するためには、必ず氏族的メシヤの責任を果たさなければなりません。私たちは、「国が復帰されれば、氏族的メシヤができるのに」とか、「マスコミが変われば……」と、考え易いのですが、実はそれは間違いで、私たちが氏族的メシヤを勝利することによって、その基台の上で、国が復帰されていくのです。

 今回、私たちは「新氏族的メシヤ」の出発をしました。氏族的メシヤを、我々はいかに成していくのか。それなくして、天一国の創建はありません。また、天一国創建のためには、母の国としての使命を完遂しなければなりません。それも氏族的メシヤの勝利が必要なのです。

 私たちは氏族的メシヤとして何を成すのか。氏族430家庭の復帰も必要ですが、まず、夫・妻・子供の復帰をして、家庭の確立をしなければなりません。

続きを読む
posted by ffwpu at 09:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

神様の祝福はどんな人が受けるのか?

朴洸烈.JPG統一教会
 朴 洸烈
 <2012 牧会者説教集 P.116~121>

 愛する食口の皆さん、一週間、いかがでしたか。おはようございます。きょうは恐ろしい話をしましょう。

 私たちには深刻に思わないけれども、普段の生活の中で、死に至る7種類の罪(堕落性)があります。驕慢、猜疑、怒り、怠惰、貪欲、歎息、情欲の7つです。私たちはこの7種類の罪(堕落性)によって、知らないうちに、永遠の命まで失い、地獄に落ちることがあります。この中で、きょうは4番目の「怠惰」について考えましょう。

 生活の中での怠惰は働かない、動きたくないということです。意欲がない、無気力、やる気がない、希望がない、永遠の霊人体が死ぬ、自分も地獄行き、子々孫々も地獄行きとなる恐ろしい罪(堕落性)です。爆弾より恐ろしいかもしれません。

 聖書で、イエス様は再臨に関して比喩で語られました。マタイによる福音書25章14〜30節を一緒に読みましょう。
続きを読む
posted by ffwpu at 10:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。