2016年03月19日

私よりも私の幸福を願う神様(天地人真の父母様)

李 範奭.jpg
 世界平和統一家庭連合 李 範奭


訓読:
 「これからは先生の事情が皆さんの事情であり、先生の心情が皆さんの心情になり、お父様の事情が皆さんの事情になり、お父様の心情が皆さんの心情にならなければなりません。それを知らなければ倒れます。
カナンの地で滅んでしまったイスラエルの群れと同じになるというのです。
 そのような心をもてば、皆さんに困難があるとしても、その困難は六千年苦労されたお父様の困難と比べ物になりません。皆さんに寂しさと悲しみがあるとしても、六千年のお父様の寂しさと悲しみと比べものになりません。そのようなことを一時も忘れてはいけません。
専念して当然しなければならないのです。そのように心で感じなければなりません。
 それと同時に、何をしなければなりませんか。イスラエル民族は、仲間同士で一つになれずに滅びました。仲間同士がすべて民族の怨讐になったのです。ですから、仲間同士で一つになり、仲間同士で愛することができ、仲間同士で手放すことができず、仲間同士でお互いの祭壇をつなげ、自分の祭壇の中にお父様が臨在され、自分の三位基台が任された分野に神様が臨在できる環境をつくらなければなりません」
(『神様の天宙安息圏と絶対「性」』p.116〜117)

 「人類の縦的真の父母であられる神様の印を受け、実体真の父母の使命を完遂しなければならない私たち夫婦は、今、実体の天一国完成までの最後の三年を残し、いつの時よりも深刻な日々を生きています」
 「天はすでに2013年1月13日を『起源節』として宣布しました。実体的天一国の始発であり、起源となる日がまさに、その日なのです。3年も残っていません」
 「平和の王であられる神様の実体として地上界で摂理を経綸している真の父母様の導きに従い、残った三年間を全力投球、死生決断をしなければならない宿命的な時間が、今日の私たちの前に近づいてきたのです」
 「天が真の父母様を通して明らかにしてくださった『Dデー』を前にして、何を躊躇することがあるでしょうか。すでに919日しか残っていません」
 「私たちはすでに神様の直接主管圏時代に進入しているという点です。皆様、天が宣布したDデーがすでに3年しか残っていないと言いました」
 「今から皆様は、真の父母様の教えを骨に刻みつけて実践する人生を生きなければなりません。選択の余地がありません。今から準備しなければ、間違いなく落伍者になるからです。7000メートルを超えるヒマラヤ山脈を往来し、越冬する鶴(アネハヅル)の勇気と気概を私たちも学ばなければなりません」
(以上、「天地人真の父母定着実体み言宣布大会」のメッセージから抜粋)
続きを読む
posted by ffwpu at 13:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

最後の勝利者になろう

chon-KG.jpg
 世界平和統一家庭連合 鄭 光根





訓読:
 「また、ほかの譬たとえを彼らに示して言われた、『天国は、良い種を自分の畑にまいておいた人のようなものである。人々が眠っている間に敵がきて、麦の中に毒麦をまいて立ち去った。芽がはえ出て実を結ぶと、同時に毒麦もあらわれてきた。僕しもべたちがきて、家の主人に言った
「ご主人様、畑におまきになったのは、良い種ではありませんでしたか。どうして毒麦がはえてきたのですか」。主人は言った、「それは敵のしわざだ」。すると僕たちが言った「では行って、それを抜き集めましょうか」。彼は言った、「いや、毒麦を集めようとして、麦も一緒に抜くかも知れない。収穫まで、両方とも育つままにしておけ。収穫の時になったら、刈る者に、まず毒麦を集めて束にして焼き、麦の方は集めて倉に入れてくれ、と言いつけよう」』。
 また、ほかの譬を彼らに示して言われた、『天国は、一粒のからし種のようなものである。ある人がそれをとって畑にまくと、それはどんな種よりも小さいが、成長すると、野菜の中でいちばん大きくなり、空の鳥がきて、その枝に宿るほどの木になる』。
 またほかの譬を彼らに語られた、『天国は、パン種のようなものである。女がそれを取って三斗の粉の中に混ぜると、全体がふくらんでくる』。
 イエスはこれらのことをすべて、譬で群衆に語られた。譬によらないでは何事も彼らに語られなかった。
これは預言者によって言われたことが、成就するためである、『わたしは口を開いて譬を語り、世の初めから隠されていることを語り出そう』。

 それからイエスは、群衆をあとに残して家にはいられた。すると弟子たちは、みもとにきて言った
『畑の毒麦の譬を説明してください』。イエスは答えて言われた 『良い種をまく者は、人の子である。畑は世界である。良い種というのは御国の子たちで、毒麦は悪い者の子たちである。それをまいた敵は悪魔である。収穫とは世の終りのことで、刈る者は御み 使つかいたちである。だから、毒麦が集められて火で焼かれるように、世の終りにもそのとおりになるであろう。 人の子はその使たちをつかわし、つまずきとなるものと不法を行う者とを、ことごとく御国からとり集めて、炉の火に投げ入れさせるであろう。そこでは泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう」(マタイによる福音書13章24〜42節)

 「それから、御使はわたしに言った、『書きしるせ。小羊の婚宴に招かれた者は、さいわいである』。またわたしに言った、『これらは、神の真実の言葉である』」( ヨハネの黙示録19章9節)

 「神様は、一時と、一人の方と、一つの仕事のために、六千年間み業をなしてこられた。ゆえに、この一人の方がなさる仕事と一時を裏切る者は、六千年を裏切る者であり、反対に忠誠でもって迎える者は、六千年の不変の忠臣として認定される。忠臣は、六千年の恵沢を一身に浴びるであろうし、裏切り者は、累積された罪を一身に受けるのである」(『御旨の道』p.17)

 「勝利の栄光は、その戦闘の総司令官から始まるのであるが、共に参加した全戦友にもその栄光は、平等に分配される」(『御旨の道』p.160)続きを読む
posted by ffwpu at 13:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

私たちの人生の道

宋峯圭.JPG
 世界平和統一家庭連合 宋 峯圭


きょうの説教の内容は、「私たちの人生の道」です。
これは一番根本的な内容です。
哲学がなぜ必要でしょうか。宇宙の根本的な内容、人はどこから来て、どこに行くのかが分からないから必要なのです。
 自分から生まれたくて生まれてきた人は誰もいません。
本来、人間は神に喜びを返すために生まれましたが、堕落によって、そのことが誰も分からなくなってしまいました。全ての力の根本は愛です。
宇宙も、皆さんの家庭も、愛によって運行するようにつくられています
そして今の問題も、私たちから始まったわけではなく、先祖から続いてきているのです。
解決するのにかかる時間は個々の事情で違いますが、こういうことを知ることによって解決の道があります。このことを教えてくれるのがメシヤです。続きを読む
posted by ffwpu at 13:30| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

真のアベルとして氏族伝道に向かおう !

篠崎教会長2.jpg
 世界平和統一家庭連合 伝道教育局 伝道部長 篠崎 幸郎

神様の夢とは
 
 神様が太初に抱かれた夢とは何でしょうか。それは「OneFamily under God !」です。
真の父母様はその神様の夢のオーナーになられたので新型インフルエンザのウイルスまでも真の愛で
のみ込んで普通の細胞にしてしまうほどに怨讐を愛し、真の愛を投入してこられました。
この世に蔓延するあらゆる愛の問題は祝福で解決します。
私たちも地球星の二世、三世の未来に神様の夢が実現することを確信して、真の愛を投入していきましょう。
続きを読む
posted by ffwpu at 12:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

天国に入る生活

ha-hyongjin.jpg
 世界平和統一家庭連合 河 弦杓 

 きょうは天国について考える時間を持っていきましょう。
 信仰生活をしながら、いつも私たちが願うことは何でしょうか? 
神様の世界です。それは理想世界です。理想世界とは幸福な世界と言うことができます。
 「我々が信仰する目的は何ですか?」と尋ねられたら、皆さんは何と答えますか。しっかりと答えることができるでしょうか。

 私は幼い時、既成教会に通っていました。そして、牧師さんによく「どうしてイエス様を信じるのですか」と尋ねていました。すると、「天国に行くためですよ」と、いつも同じ答えが返ってきたのです。
ですから、天国がどういう所かは分からないけれど、とにかく私たちは天国に行くのだと思っていました。続きを読む
posted by ffwpu at 12:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

神様の祝福はどんな人が受けるのか?

park-k.jpg
 世界平和統一家庭連合 朴 洸烈

 愛する食口の皆さん、一週間、いかがでしたか。おはようございます。
 きょうは恐ろしい話をしましょう。
 私たちには深刻に思わないけれども、普段の生活の中で、死に至る7種類の罪(堕落性)があります。
驕慢、猜疑、怒り、怠惰、貪欲、歎息、情欲の7つです。

私たちはこの7種類の罪(堕落性)によって、知らないうちに、永遠の命まで失い、地獄に落ちることがあります。この中で、きょうは4番目の「怠惰」について考えましょう。

 生活の中での怠惰は働かない、動きたくないということです。
意欲がない、無気力、やる気がない、希望がない、永遠の霊人体が死ぬ、自分も地獄行き、子々孫々も地獄行きとなる恐ろしい罪(堕落性)です。爆弾より恐ろしいかもしれません。続きを読む
posted by ffwpu at 12:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

完成のための内省の生活

tanaka-nobuyuki.jpg
 世界平和統一家庭連合 田中 延幸

訓読:
 「地上生活を本当に良くしなければならないのです。精誠を尽くし、1日に何十回も原理基準を中心として反省しながら、このようにして朝、昼、夕、24時間、天上の法に引っ掛からないように生きなさいと懇切にお願いするのです」
(『天聖経』「人間の生と霊魂の世界」第1章 人生の行くべき道 3)地上生活の価値C肉身をつけた地上生活が日ごとに記録される から)

 「朝、第一歩を踏み出す時も、公的な一歩であるか、私的な一歩であるかを反省しなければなりません。
そして一日の仕事を終えて床に就いた時も、公的な一日を送ったのか、私的な一日を送ったのか反省しなければなりません。また、一年を中心として公的な生活をしたか、私的な生活をしたか、一生を中心として公的であったか、私的であったかを反省しなければなりません」
(『天聖経』「礼節と儀式」第3章 礼拝と教会生活 礼節 3)教役者(牧会者)がもつべき姿勢 @教役者
(牧会者)は公的でなければならない から)
続きを読む
posted by ffwpu at 12:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

天一国は絶対信仰によって成される !

sin.jpg
 世界平和統一家庭連合 沈 吉來

なぜ宗教が必要なのでしょうか。宗教は民族と国家を超えることができるからです。
なぜ宗教は民族と国家を超えることができるのでしょうか。神様という超越された方を信じているからです。この現実世界のいろいろな壁を越えていける力を持っています。

お父様の自叙伝により、宗教がどれほど重要であるかを知ることができます。
 宗教の役目は何かを考えてみましょう。
堕落した世界において、良心基準は絶対的ではありません。原理から見るならば、宗教の第一の役割は、「神様を教える」ということです。創造主たる神様、精神世界の根本存在として、神様を教えています。また霊界を教えてくれます。人間が堕落した存在だということも教えてくれます。救われなければならないわれわれであり、正しい善の基準を中心として生活することを教えるのが宗教です。続きを読む
posted by ffwpu at 12:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

霊界、地上界の共同作戦の時代

岡村局長02.jpg
 世界平和統一家庭連合 法務局長 岡村 信男

<2012 冬季説教集より>
訓読:基元節勝利のための統一教世界指導者特別集会における講演文(原文から一部引用)

「第一に、私たちは真の父母様が立ててくださった伝統を絶対生命視しなければならず、子孫万代まで相続し、伝承させなければなりません。
真の父母様は愛と心情の伝統、み言と規定、規例(規則と例として定めたこと)の伝統、心情文化の伝統を立ててくださいました。特に真の父母様の蕩減復帰摂理路程の結晶体であるみ言を訓読する訓読会の伝統は、各家庭ではもちろん、教会や天を中心とする集会で、最も中心的内容となるようにしなければなりません。それとともに、私たちはこの地上で新しい秩序を立てていかなければなりません。それゆえ組職の秩序と伝統も、真の父母様を中心とする真の家庭とアベルを中心とする中で、一心不乱に統一体を築いていく真の父母様の伝統であることを肝に銘じてください。

 第二に、天が祝福された祝福家庭の理想を完成しなければなりません。
家庭は真の愛、真の生命、真の血統の揺りかごであり、神様の創造目的を実現する基盤です。
家庭盟誓の八大項目を中心とする中で、善なる血統の伝統を絶対信仰で守らなければなりません。
 私たちの平和のビジョンは『純潔な愛、幸福な家庭、平和な世界』です。夫婦が絶対愛で天に侍って一体となる伝統の中で、子女を愛とみ言で養育しなければなりません。家庭で訓読会を通して天一国の秩序がしっかりと定着するようにしなければならず、正午定着の基準で縦的・横的に心情的伝統が定着する祝福の理想を完成させなければなりません。

 三番目に、皆様全員が氏族的メシヤの祝福を受けたので、この地上に天一国が完成されるまで、その使命と責任を果たさなければなりません。氏族的メシヤは真の父母が下さる祝福の中で最も大きな祝福です。
蕩減復帰摂理の勝利的基台でなければ、堕落人間を氏族のメシヤとして立てることはできないからです。それゆえ真の父母様の生涯の摂理的経綸の中には、いつも氏族メシヤの使命が強調されてきたのです。
 この地上に天一国の天宙的完成は、氏族的メシヤたちがその使命を全うして、各氏族にみ言と祝福とために生きる生を相続させて善なる主権を立て、平和な世界、人類大家族実現を通してこそ可能になるのです。
各氏族で勝利的基盤が成されるようになれば、その基台の上にアベルUNが自動的に安着し、善主権は完成を見るようになるのです。

 四番目に、私たち全ては真の父母様と真の家庭を中心として、和合と統一の心情文化共同体を築いていかなければなりません。皆様全員が、例外なく天の選択と先祖の功績、そして自分の後天的天稟によって、み旨の道と因縁を結び、数多くの迫害を耐え忍んで、真の父母様のあとに従って今日の勝利圏まで辿り着くようになりました。それゆえ私たち全ては、一つの父母を中心とする一家族心情共同体です。世界はまだ分裂と葛藤が横行していますが、私たち統一家は、人種、国境およびいかなる障壁も軽く飛び越えて、一つの兄弟姉妹になることができます。ために与えて生きる生の見本を見せれば、明確に成すことができる夢です。特にこのような摂理の大転換期には、私たち全てが、真の父母様と一つにならなければならないことを肝に銘じてくだ
さい」
続きを読む
posted by ffwpu at 13:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

言葉の力

3・大宮南・崔 乘和.JPG
 世界平和統一家庭連合 崔 乘和

<2012 冬季説教集より>
聖書拝読:
 「主はモーセとアロンに言われた、『わたしにむかってつぶやくこの悪い会衆をいつまで忍ぶことができようか。わたしはイスラエルの人々が、わたしにむかってつぶやくのを聞いた。あなたは彼らに言いなさい、「主は言われる、『わたしは生きている。あなたがたが、わたしの耳に語ったように、わたしはあなたがたにするであろう。あなたがたは死体となって、この荒野に倒れるであろう。あなたがたのうち、わたしにむかってつぶやいた者、すなわち、すべて数えられた二十歳以上の者はみな倒れるであろう。エフンネの子カレブと、ヌンの子ヨシュアのほかは、わたしがかつて、あなたがたを住まわせようと、手をあげて誓った地に、はいることができないであろう。……』」(民数記14章26〜30節)

 「翌日、彼らがベタニヤから出かけてきたとき、イエスは空腹をおぼえられた。そして、葉の茂ったいちじくの木を遠くからごらんになって、その木に何かありはしないかと近寄られたが、葉のほかは何も見当らなかった。いちじくの季節でなかったからである。そこで、イエスはその木にむかって、『今から後いつまでも、おまえの実を食べる者がないように』と言われた。弟子たちはこれを聞いていた」(マルコによる福音書11章12〜14節)

 「朝はやく道をとおっていると、彼らは先のいちじくが根元から枯れているのを見た。そこで、ペテロは思い出してイエスに言った、『先生、ごらんなさい。あなたがのろわれたいちじくが、枯れています』。
イエスは答えて言われた、『神を信じなさい。よく聞いておくがよい。だれでもこの山に、動き出して、海の中にはいれと言い、その言ったことは必ず成ると、心に疑わないで信じるなら、そのとおりに成るで
あろう。そこで、あなたがたに言うが、なんでも祈り求めることは、すでにかなえられたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになるであろう』」(マルコによる福音書11章20〜24)続きを読む
posted by ffwpu at 12:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。