2015年05月30日

平和の王、ホサナ

統一教会
 李倉培
 <2010 春季 牧会者説教集より>

訓読:マタイによる福音書21章1〜11節 
 「さて、彼らがエルサレムに近づき、オリブ山沿いのベテパゲに着いたとき、イエスはふたりの弟子をつかわして言われた、『向こうの村へ行きなさい。するとすぐ、ろばがつながれていて、子ろばがそばにいるのを見るであろう。それを解いてわたしのところに引いてきなさい。もしだれかが、あなたがたに何か言ったなら、主がお入り用なのです、と言いなさい。そう言えば、すぐ渡してくれるであろう』。
こうしたのは、預言者によって言われたことが、成就するためである。すなわち、

 『シオンの娘に告げよ、見よ、あなたの王がおいでになる、柔和なおかたで、ろばに乗って、くびきを負うろばの子に乗って』。

 弟子たちは出て行って、イエスがお命じになったとおりにし、ろばと子ろばとを引いてきた。そしてその上に自分たちの上着をかけると、イエスはそれにお乗りになった。群衆のうち多くの者は自分たちの上着を道に敷き、また、ほかの者たちは木の枝を切ってきて道に敷いた。そして群衆は、前に行く者も、あとに従う者も、共に叫びつづけた、

 『ダビデの子に、ホサナ。主の御名によってきたる者に、祝福あれ。いと高き所に、ホサナ』。

 イエスがエルサレムにはいって行かれたとき、町中がこぞって騒ぎ立ち、『これは、いったい、どなただろう』と言った。そこで群衆は、『この人はガリラヤのナザレから出た預言者イエスである』と言った」


 今回、アメリカに行ってきましたが、今奉読した聖書の内容を重ねながら多くの事柄を考えるようになりました。

 摂理は、時と非常に密接な関係があります。神様がノアを地上に送られる時も、アブラハムを地上に送る時も、すべて時に合わせて送ったのです。聖書の多くの部分において、時の重要性に対する内容が多いのです。

 時が来たら、神様は無理やりにでも時に合わせて行動される神様です。イエス様の公生涯の期間にあっても同じだと思うのです。聖書の内容を見てみれば、今の時は旧約聖書の預言の成就と、メシヤとして、また万王の王の立場でエルサレムに入城される時です。いよいよメシヤとしてエルサレムに入る時を迎えるようになったのです。

 皆さん、エルサレムについてまず考えてみましょう。エルサレムはどのような意味を持っているのでしょうか? 何のために、まただれのために建てられたのでしょうか?

 エルサレムの主人はだれですか。だれを迎えるためにエルサレムの聖殿は造られましたか。それはメシヤを栄光の中で迎えるために建てられた神様の家であり、イエス様の家です。ですからイエス様が主人です。メシヤが来られたら一生懸命に侍るために精誠を捧げて造ったのがエルサレムでした。

 そのようにユダヤ民族がイエス様をメシヤとして悟ることができていたならば、どのような姿勢で迎え、イエス様はどのような姿で入城されたでしょうか? 全ユダヤ民族が長い間、精誠を捧げて準備した栄光の中で入城されたことでしょう。特にユダヤの指導者とユダヤの祭司長たちが中心となって、「ホサナ、ホサナ」と天地が歓迎する中で入城されたことでしょう。最高に良い馬に乗り、王の権威を示す王冠を被り、王の権威を象徴する服を着て堂々と入城されたのではないでしょうか?

 しかし、聖書を見ると、そのような内容は全くありません。馬に乗って行かれることもなく、準備してくれる人もいないので、イエス様は「ロバを連れて来なさい」と直接指示するしかなかったのです。

 その時について行った人たちは、何の力もない最も下層の人たちでした。力のない弟子たち、名もない民衆の歓迎の中で、ロバに乗って入城されたイエス様を想像してみてください。

 数人の弟子たちが、イエス様が乗られるように、自分の服のほこりを払ってロバの背中に乗せました。木の枝を切って道の側で「ホサナ、ホサナ」と民衆が叫ぶ中を行かなければならないイエス様を想像してください。心ない人々から笑われたことでしょう。

 その時、ロバの背に乗せてくれた弟子たちの服が良い服だったと思いますか? イエス様がエルサレムに入られる時は、そのようだったのです。だれも歓迎してくれず、だれもイエス様のことを本当には知りませんでした。

 その時、ロバに乗って入城しながら感じたイエス様の寂しい心情、悲しく思う心情が少しでも感じないでしょうか? どれだけその心情が複雑でしょうか?

 今回、真の父母様がUNに入られるのを見ながら、そのことを思い出しました。

 UNは何のために存在し、だれのためにつくられた機構なのでしょうか。UN自体は世界平和のためにつくられたのです。にもかかわらず、UNができたあと、世界は平和ですか。もっと、厳しくなりました。これがUNの限界です。UNは世界平和のためにつくられたのですが、世界平和の中心者がいなかったのです。お父様は平和の主人、血統の主人です。

 神様を抜きにしては平和が来ないのです。それをお父様は、10年、20年前からはっきりと言い続けてこられました。「平和の主人はだれか? 私だ」と。「血統の主人はだれか? 私だ」と。ですから世の中は無精卵だと言われました。いくら卵を産んでも命がない、UNをつくってもUNの中心者がいない。しかし今回、お父様がUNに入られて、本当の意味で主人がUNに入ったということを、私は感じたのです。

 お父様が主管される大会の性格を知るためには、「どこで、だれの前に、どのようなみ言を宣布されたのか」を知らなければなりません。今回はUNで語られたのであり、そこは全世界を代表した場所です。

 その時に語られたみ言は、本当に驚くべきものでした。普通、昇華式のみ言の内容は、その人の過去の功績に対してや、神様の懐に行ってくださいといった内容ではないでしょうか? しかしその時は、昇華式には全く合わないことを語られたのです。昇華式の雰囲気ではなかったのです。天暦時代を宣布するみ言を語られたのです。「私によって新しい歴史が出発した」ということを堂々と宣布されたのです。

 地の事情や環境を中心としたみ言を語られたのではなく、そのチャンスを利用され、私によって新しい時代が開き、新しい歴史が出発したのであると、天の絶対基準での新しい時代のみ言を宣布されたのです。

 皆さん、祝福家庭でないのに、なぜその人たちの昇華式をしてあげたのでしょうか。神様の時が来て、真の父母様がUNに入らなければなりませんでした。お父様がUNに入るために、神様がどれほど作戦を立てたかということを感じました。

 ヘイグ元国務長官においては3回昇華式を行ったのです。1回目は3月2日、2回目は3月8日、3回目は3月18日に行いました。そのようにしながら、お父様がチャンスを握ってUNに入られたのだと思いました。

 二番目は昔、お父様は50歳を過ぎたら霊界のことを真剣に考えるのだと語られました。重生と復活と永生、神様から見ればすべて誕生です。祝福は生まれ変わる誕生であり、昇華式も永遠の世界に誕生することです。お父様は、本然の世界に戻る、神様のもとに戻るという意味で、祝福と同じく昇華式も重要だと言われました。永遠なる世界に戻る貴い儀式が昇華式です。そのようことをだれでも簡単にできますか。できないでしょう。お父様しかできないのです。全世界を象徴するUNで、2001年は祝福式を、2010年は昇華式をされました。神様の名で祝福式、神様の名で昇華式を行われたのです。

 人類は知りませんが、「私が天宙の主人だ」ということを天宙の前に宣布したということです。皆さん、重生、復活、昇華、これらはすべての人間に通じることです。人間はみな、そうするようになります。そうするために生活していると言ってもよいでしょう。韓国では、生まれること、結婚すること、そして死ぬことを「大事」と言います。まさに人間にとって根本的に大事なものが、そのことなのです。今、お父様はアメリカで3カ所を巡回されながら、重生、復活、昇華に対する説明をもう一度してくださっているのです。

 そのような人間の根本的なところを、お父様がすべて握っておられるのです。私たちの見えない世界、死んだのちの世界まで心配してくださるメシヤ、真の父母様を感じました。お父様は確信を持って、堂々と話されたのです。「私が生死禍福の主管者である」と。人間のすべてのことを主管されている真の父母様です。

 聖書の創世記第1章1節に「神は天と地とを創造された」と記録されているとおり、すべてのものは神様のものです。生まれること、結婚すること、亡くなることはすべて、神様のものであるということを満天下に宣布した日となりました。本当に摂理的に重要な意味がある日になったのです。天暦に入って大勝利の日になりました。

 もう一度イエス様の時代に戻ってみましょう。

 イエス様は早くエルサレムに入って行きたかったのです。歓迎する中で入って行ったなら、何をされたと思いますか? 新しいみ言、新しい時代を宣布されたでしょう。ですから、どれほど語りたいみ言が多かったと思いますか?

 同様に、お父様は2001年の祝福式以後、10年ぶりに昇華式という名前でUNに入って行かれました。2001年の祝福式以後、主人の立場でどれほど入って行かれたかったでしょうか? そして、平和の王、血統の主人として65億全人類と全霊界が歓迎する中で王冠を被られ、袞龍袍(御衣)を召され、堂々と入城され、衛星中継を通じて新しい時代の新しいみ言を宣布なさるのを、どれほど願っておられたことでしょうか。これがまさに、真の父母様をこの地に送られた神様のみ旨だったのです。しかし、父母様の深いみ意をだれも悟ることができず、だれも歓迎しない立場でUNに入って行かれ、少数の群れの前に13分の原稿の内容を45分かけてみ言を下さったのです。

 愛する食口の皆さん。今、私たちは同じ失敗を反復しないようにしましょう。歴史に一度しかない金婚式の重要性をご存じであられる真の父母様は、私たちが思っているよりもっと盛大にその一日を神様にお捧げされたいことでしょう。では、今私たちはこの時に合わせて、何をすべきでしょうか。これが重要です。私たちも、私たちの時を知らなければならないのではないのでしょうか?

 今回の金婚式は、神様の金婚式です。これもあれも歴史上初めて行われることですので、お父様の天宙的な勝利、UNでの勝利、天暦の勝利そのものを、皆さんが個人において、家庭において、教会において、器をつくって地に落とさないようにしなければなりません。それが重要です。その運勢をどのように相続するのですか? 祈願書1枚でもよいのです。夫婦が一つになって3日間精誠条件を立ててもよいのです。皆さんのものにならないといけないのです。

 そのように生きている神様の前に、私たちの永遠なる生命までも気遣ってくださり、責任を持ってくださる、実体の神様の権能で顕現なさる真の父母様の前に、宋榮錫総会長、梶栗会長を中心に完全に一体となり、母の国の勝利の歌を思う存分歌うことのできる私たちとなることを決意し、祈願します。

 万王の王、ホサナ。平和の王、ホサナ。


posted by ffwpu at 12:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。