2014年08月30日

豊かな人生を送るために

芳賀幸一.jpg統一教会
 芳賀幸一
 <原理復興会講話集 P.102~105>

 きょうは豊かな幸せな人生を送るために「統一原理」の紹介をさせていただきます。

 人が、人生を送る上で一番重要なものは、その人が持っている考え方や人生観ではないでしょうか? もしその人が間違った考え方、人生観を持っていたならば、どんなに努力したとしても、豊かで幸せな人生を送ることはできないでしょう。それとは反対に、正しい考え方、人生観を知ることができるならば、あとは努力さえすれば、幸福な人生を送ることができるでしょう。

 それほど人間としての正しい考え方や人生観を知るのは大切なことです。そこできょうは、人間が幸福になるために絶対に知らなければならない真理を学んでいこうと思います。

 まず、人間としてだれもが知らなければならない根本とは、人間はどこから来て、何を成すために生き、どこに行くのか。つまり、人間とは何か、人生の目的は何か、死後はどうなるのかということです。

 今まで、人間として知らなければならない、この一番の根本的真理を解明した人は、だれもいませんでした。それはなぜかと言えば、人間は結果的な存在なので、いくら人間が考えても、その答えを見つけることができないからです。例えば、時計を見たことのない人がいくら時計を分解したとしても、その時計の目的を知ることはできません。それと同じように、人生の根本問題を知るためには、人間をお造りになった方に聞くしかないのです。

 ここでは人間をはじめ、すべての被造物を創造した第一原因を神様と呼び、その神様について知ることを通して人生の根本問題を考えていきます。

 残念ながら神様は見ることができませんし、話すこともできません。その神様を知るには、どうしたらよいでしょうか。会うことのできない作者であったとしても、作者の性せい稟ひんは、作品を観察することによって知ることができます。

 今、被造物を観察して、そこにある普遍的共通事実を調べてみると、被造物は性相と形状、陽性と陰性の二性性相が相対関係を結んで存在しているという事実を発見することができます。人間で言えば、人間は心と体を持ち、男と女が存在するということです。これは人種、民族を超えて共通しています。結果である被造物(人間)が、このような二性性相を持って存在しているということは、原因である神様も、性相と形状、陽性と陰性の二性性相を持っておられるということになります。つまり神様は人間と同じような心を持った人格神であり、人間に対しては親でいらっしゃるのです。

 先に結論をお話ししましたが、神様は人間の親であり、神様と人間は親子の関係なのです。このことが、人生を考える上で最も基本的で、重要なことです。

 それでは、人間以外の被造物は何なのでしょうか? それは神様が、人間が生きていくために必要なものとして与えてくださった環境なのです。動物、植物、鉱物、それらはすべて人間が豊かで幸せな人生を送るために準備してくださった神様からの贈り物なのです。

 このように、神様を知ることを通して、神様と人間と万物の関係を知ることができるのです。それでは、なぜ神様は人間を創造されたのでしょう。それは子供である人間を愛するためでした。愛は独自的には生じません。必ず対象が必要です。神様は愛する対象として人間を創造されたのです。人間を愛することを通して喜びを得ようとされたのです。

 そこに人生の目的を見いだすことができます。人間は神様の愛を受け、神様に喜びを返すために生まれたのです。神様の愛を受け、神様のような心を持った素晴らしい人間に完成することです。

 聖書には、神様は人間に三大祝福を与えられたことが書かれています。まず、第一祝福「生めよ」(個性完成せよ)がこれに当たります。次に第二祝福として「ふえよ」とあります。これは完成した人間が夫婦となり子女を繁殖することです。神様はすべての人が結婚し、良き家庭を築くことを願われたのです。ですから一生独身でいることは神様の願いではなく、人間として価値を発揮できない人生になってしまいます。そして第三祝福として「万よろずのものを治めよ」とあります。これは万物を愛して主管しなさいということです。万物はすべて神様が愛情を込めて人間に与えてくださったものですから、大切に扱わなければなりません。万物を正しく扱わなければ、その見返りを受けてしまいます。今の自然破壊、環境破壊が、その例です。

 きょうはポイントだけをお話ししましたが、神様を知り、その創造の原理を知ることを通して、人生のあらゆる問題を解決することができるのです。

 皆さんにぜひ知っていただきたいのが、人間の堕落についてです。神様の子として創造された人間は、神に似て善なる存在であり、愛なる存在であるはずです。神様の創造した世界は争いのない、平和で幸福な世界のはずです。それがなぜ、人類は悪なる行いをしてしまうのか、なぜこの世界に争いが絶えないのでしょうか。

 今までだれも知らなかった不幸の原因を解明したのが「堕落論」で豊かな人生を送るためにす。そして「堕落論」が解明されることによって、救いの道が開かれたのです。

 人間が幸福で豊かな人生を送るために、だれもが知らなければならないのが「統一原理」です。今後、さらに継続して学んでくださるようにお願いいたします。


posted by ffwpu at 11:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。