2014年08月09日

平和の大王として天宙を主管してください(文鮮明天地人真の父母天宙聖和式での報告祈祷)

統一教会
朴 普熙

聖なる天のお父様、愛する天地人真の父母様。

 きょう私たちは、天の国に行かれる真のお父様の道が栄光となるように侍るためにこの場に集まりました。

 天のお父様、あなたが送ってくださいましたメシヤが、今その全ての使命を果たし、あなたのおそばに行かれます。苦労だけしてこられ、行かれるあなたの独り子を、神様、あなたの懐に、強く、強く、抱いてくださるようお願い申し上げます。

 天のお父様、なぜ、どうして、こんなにも早く、わが真のお父様を呼ばれたのでしょうか。哀れな私たちはどうすればよいのでしょうか。なぜそのようになさったのでしょうか。天が崩れてしまい、地が割れてしまうような思いであります。太陽が光を失ってしまい、私たちの周辺は暗黒天地に変わってしまいました。お父様を命のごとく、太陽のごとく、侍ってきた私たちでありますから、湧き上がる慟哭をどうすることもできません。止めることができません。
 天のお父様、私たちは親不孝でありました。一日に二時間もお眠りにならずに、この地球星を広いとも思わずに頻繁に往来されながら、無理に無理を重ねられた真のお父様を拝見しながらも、我々はただただ放心しておりました。この分別なき、幼い子供たちをお赦しくださいませ。赦しを請える面目さえない私たちでございます。

 愛するお父様、お会いしたいです。もう一度だけでも、お会いしたいのです。一言、そのお声をもっと聞きたいのです。「白金に宝石を載せた……」(「心の自由天地」)という、その歌一曲を聴かせてくださいませんでしょうか。しかし、今は永遠にそのような機会がないと思うときに、このあふれ出る慟哭と涙をどのようにしたらよいのでしょうか。

 真のお父様、真のお父様は食口を愛しておられながらも、人類を愛しておられながらも、ご自身のことは忘れてしまわれました。ご自身を守ることはなさいませんでした。それで、無理にまた無理をなさいました。九十三星霜の生涯を、ある一瞬でも休んでおられたことはあるでしょうか。

 真のお父様は、メシヤであられ、救世主であられ、平和の大王であられ、人類の真の父母様であられます。真のお父様は勝利なさいました。完全に勝利なさいました。全て成されました。

 真のお父様は、神様を悲しみから解放してくださいました。

 真のお父様は五色人種全てを愛してくださいました。人種を超えて一つにし、彼らから原罪をなくしてくださり、神様の血統に接ぎ木してくださいました。その数は四億双を超えました。

 真のお父様は平和の大王であられました。宗教と人種、国境の壁を越えた真の平和の世界を一生涯、実現されながら逝かれました。

 真のお父様は共産主義の宗主国ソ連を解放されました。メシヤでなくして、どうしてこのような仕事をなさることができるでしょうか。

 はい。お父様、今我々は泣いてばかりいる場合ではないということを存じています。偉大なる、英明なる真のお母様が健在であられるのが、我々の大きな福であります。真のお母様は見事に立っておられ、お父様が残してくださった遺業を受け取っておられます。生まれつきの孝子、文亨進世界会長がおられます。天才的な頭脳をお持ちの孝子、文國 進理事長がおられます。

 天のお父様、真のお父様、心配しないでくださいませ。心配しないでくださいませ。今私たちは涙を止め、両手を握って、真のお母様に侍りながら天一国を成し遂げてまいります。真のお母様に侍り、基元節を勝利し、天に行かれました真のお父様を喜ばせてさしあげます。

 今や、真のお父様が天国におられるので、我々は天下無敵の強い群れになりました。天国の霊的役事を、台風のごとく起こしてくださいますようにお願い申し上げます。そしてその霊的な台風により、統一教を守るだけでなく、世界の全ての罪悪を洗い流してくださり、真のお父様が願っておられた平和世界を成してくださいませ。

 あの天を仰いでみると、神様が両手を広げ、「私の独り子よ、私の独り子よ、早く私の懐に来なさい」と言っておられます。真のお父様、永遠に永遠に神様の右側の宝座に座って、天宙を主管してくださり、平和の大王になってくださいませ。

 全世界三百万の信徒の精誠を集め、ここに参加している五万の聖徒たちの名を束ねまして、祝福中心家庭、朴普熙・尹基淑の名によって報告し祈祷申し上げました。アージュ。


posted by ffwpu at 11:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。