2011年06月25日

真の夫婦になりましょう!

崔炳泰

統一教会
 崔炳泰
 <2011春季 牧会者説教集 P121〜126>



 一人の堕落が広がれば、堕落圏は国家レベルになります。しかし一つの家庭が完成して広がれば、国家圏を越えて世界になります。アダムとエバの堕落は、個人の堕落にとどまらず、国家圏の堕落、世界圏の堕落に拡大されました。しかし、ある夫婦の愛の完成は個人の完成でなく、国家圏の完成であり、世界圏の完成となるのです。成婚問答で神様と真の父母様に約束したことを絶対的に守るようにしなければなりません。


(※)成婚問答とは、統一教会の信徒が結婚するときに、「永遠なる夫婦になること」、「子女を立派に育てること」、「理想家庭を築くこと」などを誓う儀式です。


創造本然の夫婦関係

 宇宙の完成というのは、すべての万物の陽性を代表した男性と、すべての万物の陰性を代表した女性の、男女の愛の完成が宇宙の完成です。この愛が破壊される日には、宇宙の秩序が破壊され、縦的な世界が壊れていきます。男と女が互いに好きで抱き合う、そこが宇宙が一つになる場です。神様の理想の中で成される創造本然の姿は、そうです。

 それで人間が男女として生まれるのは愛のためであり、夫婦が愛で一つになる理由は、実を結ぶためです。夫婦が愛で一つになるためには、神様の愛を訪ねて行かなければなりません。

 それで神様の愛に出会おうとするなら、男と女が愛で一つにならなければなりません。男と女が一つにならなくては、神様の愛と出会えません。神様の愛に出会うことによって、私たちは神様の同位圏にとどまることになるのです。

夫婦の愛が必要な理由

 夫婦の愛が必要な理由は、相手を完成させてあげるためです。男と女の愛なしでは、神様の愛が成り立ちません。皆さんは天国がどんな所だと考えますか? 天国は一言で言えば、「完成された人が入って住む所」と言えます。天国は真の愛を持った、完成された人が入る所であるとするならば、その真の愛を持った人というのは、どんな人でしょうか?

 人間は男と女で形成されています。神様の理想的愛の完成が地上でどのように成されていくかということを見てみると、夫婦の愛を通じて成されます。結局、完成された人は、夫婦の愛を通じて、男も完成され、女も完成されるということから、夫婦はお互いを完成させる責任があるということです。

 イエス様は「天国はあなたがたのただ中にある」と言いました。ところが、今日、お父様は「統一教会では『あなたの家庭に天国があります』と言うのだ」とおっしゃっています。

 そして代表的観念を持てと言われるのです。女たちは自分の夫ならば夫に対して、そのまま一人の夫ではなく、全世界の男性の中から代表的に選ばれた人が夫だと考えなさいということです。

 皆さん、女はどのようにしなければならないかと言えば、「一人の男を愛するのも、その男一人として愛するのではなくて、世界の男性を代表した男として愛さなければなりません」とお父様はおっしゃるのです。その男性は父を代表し、兄を代表し、夫を代表しているのです。

 それは何か? 夫をお父さんのように考えなければならないし、さらにおじいさんのように考え、その次には兄のように考え、弟のように考えなければなりません。

 理想的な夫婦関係は、相対的関係になっているのです。真の夫は、「私はあなたのために生まれたので、あなたのために生き、あなたのために死ぬだろう」という人です。真の妻も同じであると、お父様はおっしゃいました。夫に必要なものは妻がすべて持っていて、妻に必要なものは夫がすべて持っているというのです。互いに違う個性を持っているということは、互いに協力し助けながら生きなさいということです。

 動機は相対にあるということです。男がいくら優秀だといっても、男が生まれることになった動機は男自身にあるのではなく、女のために生まれたということです。女がいなければ、男が生まれることができますか? その反対に、「女は何か美しい化粧をして、私が米国の何の俳優だと自慢してみても、その女は女のために生まれたのではないのです」とお父様はおっしゃいました。それで動機を、妻は夫に置き、夫は妻に置く時に理想的な夫婦になるというのです。

 この世的な夫婦は離婚の道を行くようになっています。この世的な夫婦は精神的な価値ではなく物質的な価値で結婚して、夫を評価します。夫が金を儲けてくる時に力が生じます。夫人は夫が儲けてきたお金を見て力が出て、力が出る夫人を見て夫も力が出るはずです。

 しかし、そういう夫婦は金を儲けることができなければ不安で、夫婦関係が壊れるようになっています。人間的な立場で愛すれば、互いに不足した面が現れれば、結局、離婚という事態まで起きることになります。

神様が臨む夫婦の愛

 夫婦が理想的な愛を交わしているとき、そこに神様が訪ねて来られます。お父様は、「男と女が祝福を受けて完全な愛を授け受けして喜びを享受するとき、神様がご覧になれば、地上に咲いた花と同じである」とおっしゃいました。また、彼らの愛によって成り立つすべての調和する万象は、神様には香りのようだとおっしゃいました。

 それとともに、神様は夫婦の愛の香りの中で暮らしたくて訪ねて来られるというのです。神様の愛が訪ねてくることができる土台が、すなわち夫婦愛の場なのです。その場は、すべての万物と宇宙が和動する場になるでしょう。

 神様が好む声が何かと言えば、お父様は、「男女が、お互いが好きで喜ぶ永遠の夫婦の笑い声であり、そのような夫婦が世の中を理解して抱くことができて、宇宙全体を受容できる気持ちで人生を営むとき、笑いは自然発生的になる」とおっしゃいました。そのような男女の美しい姿が神様の前に一輪の花になると言われるのです。このような夫婦の愛を、私たちがつくらなければなりません。

 お父様は愛する夫婦間の対話は、どんな歌より、どんな詩より美しい、とおっしゃいました。愛する夫婦間の対話は、世の中のどんな詩や絵より美しいのです。また、「愛する者同士で、私たちで、私たち二人で……」という言葉は、どれほど美しく素晴らしい言葉でしょうか。一番美しい声が夫婦間の対話なのです。堕落した夫婦は、このようなことがわからないのです。

 すべての万物は私の相対のためにあるという観念を持たなければなりません。お父様は、「夫婦で前の山を眺めながら、あの山が生じたのがだれのためか、この宇宙が生じたのがだれのためかを尋ねるとき、『私のためであると同時に、あなたのために生じた』と答えなさい」とおっしゃいました。そういう夫婦が生まれてくるときに、真の平和が訪れると考えるのです。

 夫婦愛は発展しなければなりません。お父様は、「男と女が愛し合ったとき、どのように愛の表現をするでしょうか。愛の発展過程を見れば、最初は口、二番目が胸であり、三番目が生殖器です。女が初めて男に会って愛を始める前に、恥ずかしさを感じて隠すのが口なので、手で口を隠すのです」と言われました。

 愛は口で始め、その愛が成熟すれば、その結実として息子、娘が生まれるようになるのです。女にとって、生殖器は愛の聖所であり、そのドアを開けることができる鍵は夫だけが持っているのです。その鍵が変われば天地が変わると、お父様は言われました。

 愛で生まれた赤ん坊がどんなことをしても憎くなく、ひたすら良いのは、その赤ん坊が自分たちの血と肉で、そして愛でつくられた分身であるためです。おしっこをもらして、大便をして、鼻を流しても、ひたすらかわいくて愛らしいだけなのです。このような幸福は子孫代々に連結されると見るとき、夫婦愛の完成がどれほど重要なことでしょうか。

 夫婦の愛を恥じてはならない、というのです。男女が結婚して愛することは、本来、恥ずかしいことではありません。これは最も尊厳なことであり、神聖で美しいことであるにもかかわらず、神様の戒めを犯したので、愛の歴史は罪悪によって恥ずかしい方向と流れ出てしまったのです。

 それでお父様は、夫婦は真裸になって踊ることができる夫婦が幸せだ、と言われました。エデンの園で真裸になって踊るのを、だれか見るでしょうか。だから人がいない所では、そのようなことをなすことができるのです。部屋で夫婦が真裸になって踊る、それが心配することですか? しかし他の人々が見る前でそうするならば、それは社会から非難を受けて当然なのです。

 夫婦二人でどんなことをしても、何の関係がありますか? 世の中に男女がいくら多かったとしても、私たち二人しかないという心を持たなければなりません。夫婦愛は恥ずかしいことではないということをわからなければなりません。

 夫婦愛は永遠に死ぬ時まで成し遂げなければならないということです。人々は結婚する時、互いに死ぬほど愛すると言います。愛するという言葉を言うとき、そのまま「死ぬほど愛する」という言葉と「ずっと10年、100年、億万年愛する」という言葉と、どちらを望みますか? そのまま「死ぬほど愛する」という言葉を望みますか? 「死ぬほど」という言葉は、夫婦愛は地上でだけでなく、霊界にまでも続く愛であるということです。永遠に完成しなければならないのが夫婦の愛なのです。

真の夫婦の結論

 家庭はすべての幸福の基礎です。アダム家庭が壊れることによって地球全体がサタンの堕落圏内に入りました。しかし、一家庭の完成は地球全体の完成を意味します。その家庭の幸福の源泉は夫婦愛の完成にあります。夫婦愛の完成を成し遂げれば、すべてのものをみな成し遂げることです。すべてのものをみな成し遂げたといっても、夫婦愛を成し遂げることができなければ、何も成し遂げられないのです。夫婦愛の完成は現在も重要ですが、子孫代々に幸福の根源になるので、お父様の教えの、絶対的に成し遂げなければならない愛です。

 お父様の教えのとおり実践する私たちになりましょう。そのことを切実にお願いします。


posted by ffwpu at 14:07| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。