2015年03月28日

一途に従い行きましょう!

統一教会
對馬 豊
<2011 秋季 牧会者説教集 P.72~77>

訓読:『原理講論』第1章「創造原理」 第3節創造目的 「神の喜びのための善の対象」から

 きょうの説教の題は、「一途に従い行きましょう!」です。

 今、毎日朝の伝道出発式前の9時40分から10時までの20分間、原理講義をしています。その中で、「これは、皆と分かち合い、確認しなければ」と思わされた部分がありましたので、きょうはその内容を中心として、お話ししたいと思います。鍵になる言葉を黒板に書きますので、皆さんも書き留めてくださればと思います。

 初めに、『原理講論』を訓読します。第1章創造原理、第3節創造目的の(2)「神の喜びのための善の対象」から、3色刷りでいえば、黄色の部分からになります。(以下、訓読しながら鍵になる言葉を黒板に板書)

 皆様、どう思われますか? 「個性を完成した人間は、神の宮となって、神と一体となるので、神性を持つようになる」。これは、メシヤのことを証しているのであり、真の父母様のことを言っているのではありませんか? 一体、今まで誰が「完成した人間はこれこれ、こういう方です」と説明した人があったでしょうか? 高い所からは、低い所が全部見えるのに対して、低い所からは高い所の一部分しか見えないものですね。だから、完成した人間を説明できるのは、完成した方しかいらっしゃらないのです。

続きを読む
posted by ffwpu at 10:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

神様の創造と永生

統一教会
佐野邦雄
<原理復興会講話集2 P.33~39>

 今日まで霊界を体験し証しする人は多くいましたが、霊界の存在する理由と目的を明らかにした方は誰一人いません。その理由は、その霊界を創造された神様が、どのような方であるかを知らなかったからです。この私たちの人生にとって、最も重大な疑問に歴史上初めて答えてくださった方が、文鮮明先生です。

 きょうは、「霊界が実在すること」、「霊界はなぜあるのか」、「霊界はどのような世界なのか」、「天国に入るためにはどのような生き方をしなければならないか」などのお話をさせていただきます。

神様(無形主体)
 最初に、神様とはいかなるお方かについて、お話し申し上げます。
 人間は、大昔から今日に至るまで、神を求めなかった時代はありません。洋の東西を問わず、神に救いを願い、神を信仰する宗教が、どれほど多くあったでしょうか。ちなみに現在日本には、約18万2000の宗教法人があり、宗教人口はなんと2億を超えると発表されています。
続きを読む
posted by ffwpu at 10:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

神様の最高の贈り物

田中敏明.jpg統一教会
 田中敏明
 <2012 春季 牧会者説教集 P.87~95>

訓読 :『天聖経 』「祝福家庭 祝福の意義 」P1332〜1334
 「先生が生涯で最も貴いと考えたものとは何でしょうか。祝福です。皆さんにとっても、人類歴史始まって以来、最高の贈り物は、祝福です。

 今日、皆さんは、まだ真の父母と完全な因縁を結ぶことができないでいます。ですから、その因縁を結んであげるためにしてあげるのが、統一教会の祝福です。

 祝福を受けた人は、霊界に行っても先生が永遠に責任を負います。先生が主管して指導します。祝福とは、このように先生と永遠の因縁を結ぶものでもあります。

 祝福をしてあげるということは、天の全権を委譲してあげることを意味します。

 祝福は、天国の門を開くことであり、天国は、子女をもって家庭が入っていく所です。

 祝福とは、永遠の宝物です。子孫万代を今から出発するという、一つの契約です。ですから、それを汚す時には一族が関係します。イエス様を十字架につけることによって、一国家が関連することになったように、一族に連結されます。

 祝福とは、歴史が追求してきた万民解放の門を開く鍵なのです。

 祝福を受けるということは、とてつもない事実です。祝福を受けた人は、神様の代わりに『私が定めれば、天宙も定める』という心で、主人として振る舞える人にならなければなりません。このような条件が備わってこそ、天が私たちを中心として生活理念を立てることができるのです。

 神様の祝福は、絶対的に公的なものです。その祝福は、ある個人だけのためのものではなく、またある家庭だけの、ある国家だけの、ある世界だけのためのものではありません。神様の祝福は、宇宙全体のためのものです。

 『祝福』という言葉は、福を祈るということです。祝願するの『祝』という字です。福を祈るのに、どんな福が一番貴いのでしょうか。愛の福が一番貴いのです。統一教会は、そのような意味で『祝福』という言葉を使うのです。一番貴いもの、宇宙の公約を代表した一番核心的な起源が、男性と女性が結合するところから始まるので、その祝福が一番偉大だというのです。

 その偉大なものが福を祈れば最高の福になるので、統一教会では結婚式を『祝福』と言います。初めて来た人々は、こういうことを知らなければなりません。統一教会で『祝福を受けた』というのは、今日この世で『福を受けた』というのとは違います。神様の立ち会いのもとに、真の父母を通じて結婚式をしてもらったということです。

 今、あのイギリスの王室にある530.2カラットのダイヤモンドは、昔アフリカでは石ころの扱いを受けていたのです。ダイヤモンドが世界で最も貴い宝石になることを、誰が知っていたかというのです。きらきら光るのを見て、単なるガラスの塊だと思っていたのではありませんか。

 全く同じです。この貴い祝福を受けたことは受けたのですが、これがダイヤモンドであるにもかかわらず、単なるガラスだと考えているのです。何も知らずにいたのが、先生から話を聞いてから『ああ! 貴いんだな』と言っているのです。

 祝福の中で一番重要なものとは何でしょうか。お金ではありません。名誉でもありません。いかなる権力でもありません。息子、娘が栄えていくことです。

 皆さんがそれを知らなければなりません。祝福の中で一番良い福とは何でしょうか。息子、娘が天の愛を受けることができるように生まれることです。それは立派に生まれることです。

 すると、どうなるのでしょうか。その息子が私より神様の愛をたくさん受ければ、恩恵を受けるようになります。そうではありませんか。山の谷間の向こうからこのように下りてきた電線のようなもの、この送電線のようなものを見れば、伸びていますが、ここでぎゅっと引っ張ればピンと張るのです。同じように、子供が天の愛をたくさん受けるようになれば、私がそれだけ落ちたとしても、ぐいっと上がることができるのです。恵みを受けるのです。 祝福の場に参加する人がいるならば、彼はただそのまま一人の男性、あるいは一人の女性という立場で参席してはいけません。その場は、今まで6000年間この世に来ては逝った数多くの男性、あるいは数多くの女性を代表した場です。その場に皆さんが招請を受けたという認識をもたなければなりません。皆さんは、そういう事実を、内情的な心情で体恤しなければなりません。

 祝福が成される今の時は、どのような時でしょうか。今は、神様の願いが成される最高の時であり、6000年間苦労してきた神様の恨が終わる時であり、この地へ来られ、御苦労された神様の息子、すなわちイエス様の願いが成される時です。それだけでなく、人間が創世以後、初めての愛が始まる時であり、万物の歓喜と尊貴と栄光を受けることができる時です。神様にとっても、この日がどれほど良いでしょうか。罪悪がみな消え、光明の太陽が昇った明るい天地を迎える日、全ての自然が和動し、全ての万象が踊る明るい朝、勝利の朝を迎える日です。

 先生は今、現実はこうですが、後日、先生が祝福した者の中から最後に残った一人が、世界的な人的資本として残り、栄光を受けることを希望して生きています」


 いよいよ2011年を閉じて、2012年に向けて出発しようとする時です。2011年をどのように終えて、2012年をどのように出発していくのか、そこが焦点です。

 私たちには、さまざまなことが起こります。お父様がいつ霊界に行かれるか分かりません。分からないけれど、必ずそういう一日が来るでしょう。その時に、「お父様が生きておられたら、こうしておけばよかった」「あのようにしておけばよかった」と、そういう悔恨の言葉を語る愚かな者になることがないようにしないといけません。
続きを読む
posted by ffwpu at 11:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

神様のもとの一家族世界を築きましょう

世界平和統一家庭連合 総裁
 韓 鶴子
 <Today's WORLD JAPAN 2014年天暦2月号P.7~10>


天一国二年天暦一月十一日(二〇一四年陽暦二月十日)、韓国・ソウル市内のホテルで、世界平和統一家庭連合、天宙平和連合などの共催で、約五十か国から各界の有識者約三百五十人が集い、「平和と人間開発の新しいパラダイムに向かって」をテーマに国際指導者会議の開会式が行われました。以下の内容は、文薫淑・ユニバーサル文化財団理事長により代読された真のお母様の「創設者基調講演」(英語)を翻訳し、整理したものです。なお、タイトルは編集部で付けました。

貴賓の皆様、宗教指導者、女性指導者、メディアのかたがた、平和大使、世界各国を代表してお越しの皆様、紳士淑女の皆様、二月十二日(天暦一月十三日)の基元節(一周年)を記念して開催されるこのとても重要な国際指導者会議にご参加くださり、誠にありがとうございます。

 「基元」(基礎)がいかに大切なものであるか、私たちはよく知っています。建築家やエンジニアをはじめとして、科学者、哲学者、少なくとも物事を組織立って考える人々は、このことをよく理解しています。同様に人間関係の基礎もまた大変重要なものです。脆弱で不安定な基礎の上に建てられたものは、後に大きな問題が生じるでしょう。この法則は全てに当てはまります。
 
私の愛する夫である文鮮明師は、恒久的な世界平和の確固たる基礎を築くために、九十二年の生涯をささげました。この目標に向かってたゆまず働き、あらゆる反対と迫害に耐え、乗り越えてきました。何ものも夫を阻むことはできませんでした。夫が自分の使命を全うしたこと、そして夫の確立したその基盤の上に私たちが築いていくことができるということを、日々、私たちの天の父母なる神様に感謝しています。
続きを読む
posted by ffwpu at 11:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。