2014年12月27日

霊界へ行く準備の人生

金 明健.jpg統一教会
金 明健
<2011 秋季 牧会者説教集 P.131~134>
訓読:『天国を開く門 真の家庭』81ページ

 「私たちは、この世に住んでいますが、この世の中だけがあるのではなく霊界があります。それでは、私たちが行くべき所、私たちが行って住むべき所はどこでしょうか。霊界です。霊界とは、愛の空気が充満した永遠の世界です。ですから、皆さんの一生は永遠の世界に入るための準備期間なのです」

 宗教の使命は神様と霊界を正しく教えることであると天地人真の父母様は語られました。

 本来、人間は神様や霊界が自然に分かるようになっていましたが、人類始祖の堕落の結果によって、人類はこれらの内容に対して無知に陥ってしまいました。それで、神様と霊界があるかないか、今も人々は論争しています。

続きを読む
posted by ffwpu at 19:55| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

メシヤに従い、天国に入籍しよう

kajikuri.jpg統一教会 第12代会長
 梶栗玄太郎
 <Today’s World Japan 2012 天暦2月号 P.50~55>

二月十九日、東京・渋谷の松濤本部の日曜礼拝で、梶栗玄太郎会長が説教を行いました。以下はその内容を整理したものです。なお、タイトルは編集部で付けました。 (文責・編集部)

訓読のみ言
 統一教会の第一条件は、心身一体です。それで、神様が天地創造される時、絶対信仰、絶対愛、絶対服従を命じたのです。自分が言えば、信じたとおりに実体が現れます。現れなければ、投入して現れるようにして成し遂げるのです。いくら大きなものでも、自分が命令したとおりに成し遂げられるというのです。願った以上に投入するので、完成するのです。

 天国は、神様の愛を中心として完全に一体となった夫婦が入っていく所であり、その一体となった夫婦によって生まれた子女たち、すなわち、神様を中心として一体となった家庭、氏族、民族をすべて率いて入っていく所なのです。
『天聖經』(「天一国主人の生活」)から

共に「金星」に象徴されるルーシェルとエバ
 皆さん、天体に興味がありますか? 

太陽系の惑星は九つ、最近は八つの数え方になりましたが、昔、それを「水金地火木土天海冥」と覚えたと思います。その中で地球に一番近い星は何ですか? 

金星です。この金星について少しお話ししましょう。
続きを読む
posted by ffwpu at 06:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

真の父母様の軸に合った人間になろう

kajikuri.jpg統一教会 第12代会長
 梶栗玄太郎
 <2010 夏季 牧会者説教集 P.31~37>

 私は北九州の筑豊炭田に生まれました。筑豊炭田は「炭坑節」とか「青春の門」の映画などで有名です。とてもエネルギッシュな所です。相撲取りの魁皇関、俳優の高倉健は隣の村です。小さいときには、よく集団でけんかをしていました。強かったです。亡くなった野球のオリックスの仰木彬監督は同じ高校の出身です。

 筑豊炭田の真ん中を南から北へ遠賀川が貫いています。その流域で生まれた人を「川筋の男」と言いますが、私はその川筋の男です。有名人ややくざなど、いろいろな頭領たちが出た所です。

 高校時代に空手をやっていたのですが、柔道の三船久蔵十段にお会いしました。空気投げの演武を見せてくれました。「質問がないか」と言うので、私は手を挙げて「武道とは、何ぞや」と聞きました。偉い人に聞くのが一番早いのです。「武道とは、真理を体得することである」ときっぱり答えました。

 次に会ったのがビリー・グラハムで、彼のクルセードに毎回参加しました。何か引かれていったのです。「間もなく偉い人が地上に来る」と言うのです。そのあとに原理を聞いたので、原理がスムーズに入りました。
続きを読む
posted by ffwpu at 13:13| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

長子権復帰と天一国完成

陸 泰昊統一教会
 陸 泰昊
 <2010 夏季 牧会者説教集 P.100~104>

訓読:『天聖経』p.1280「罪と蕩減復帰の長子権復帰」

 天一国完成のために苦労される皆様に聖霊の恵みがあふれる時間になりますことを祈願する心を持って、天一国成就のための神様の願いを共に考えていきたいと思います。

 まず、信仰生活について考えてみましょう。信仰というのは、神様を信じて奉りながら従っていくことを意味します。しかし、今までの信仰は、神様の全知全能の無限の力を信じて、その神様の能力によって人間の欲望を満たしていくために祈願する傾向が強く、それによって、ますます祈福信仰の過ちを犯し、信仰者の使命を果たせなかったのが現実でした。

 一方、「統一原理」から見る信仰は、神様が人類の親であることを信じて、その親の願いを成就するための生活を意味します。人類の親であられる神様の願いは何でしょうか? それは、子供である人類が幸せに生活することです。喜んで生きていく人類を見て、共に喜びを感じていきたいのが神様の願いです。神様の願いが人類の喜びにあるとすれば、その喜びの世界をつくるために祈り、活動する信仰者に対して、神様はどれほど喜んで恵みを与えられるでしょうか。兄弟姉妹の悲しみや悩みをなくし、喜びの中で生きていけるように助けてあげようとする信仰者には、神様から大いなる喜ばせる能力が与えられるでしょう!
続きを読む
posted by ffwpu at 10:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。