2014年08月30日

豊かな人生を送るために

芳賀幸一.jpg統一教会
 芳賀幸一
 <原理復興会講話集 P.102~105>

 きょうは豊かな幸せな人生を送るために「統一原理」の紹介をさせていただきます。

 人が、人生を送る上で一番重要なものは、その人が持っている考え方や人生観ではないでしょうか? もしその人が間違った考え方、人生観を持っていたならば、どんなに努力したとしても、豊かで幸せな人生を送ることはできないでしょう。それとは反対に、正しい考え方、人生観を知ることができるならば、あとは努力さえすれば、幸福な人生を送ることができるでしょう。

 それほど人間としての正しい考え方や人生観を知るのは大切なことです。そこできょうは、人間が幸福になるために絶対に知らなければならない真理を学んでいこうと思います。

続きを読む


posted by ffwpu at 11:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

お父様の代身者となろう

世界平和統一家庭連合
 総裁 韓鶴子

 「真の母のまなざし」より

一九八四年七月二十一日、お父様がダンベリーにたたれた翌日、ニューヨーク、イースト・ガーデンで語られたみ言

刑務所の面会室でお会いしたお父様

 出発される最後の瞬間まで、幹部や食口たち全体を集めて語られたお父様のみ言を、皆さんはすべて聞かれたと思います。

 きのう、たたれる直前に、御自分が起居されていた部屋の中を見回しながら、過去を回想するかのように、手あかのついたもの一つ一つを、真心を込めてなでてから出てこられました。お父様は淡々とした姿勢を見せてくださいましたが、妻である私は平然であろうと努めたのですけれども、そうできませんでした。私がお父様をお慰めしなければならなかったのですが、かえって私がお父様に慰めを受けたのです。そのようにお父様を送るしかなかった私自身の無力さを、限りなく切なく思いました。

 きょうは早くから、子供たちと一緒にお父様に面会に行きました。お父様に会って二時間ほどたつと、そこの看守の責任者が来て、「十二時を過ぎたら出ていってください」と言い残していきました。ちょうどその時、お父様にどうしてもお昼を召し上がっていただかなければならないと思って、「サンドイッチを差し入れてもよろしいですか」と尋ねました。すると「そうしなさい」ということでした。孝進にサンドイッチを買ってきてもらい、お父様に差し上げました。
続きを読む
posted by ffwpu at 22:08| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

至誠感天

文鮮明師.jpg統一教会 創始者
 文鮮明
 (TODAY'S WORLD JAPAN 2011 天暦12月号 P.4~11)

 このみ言は、天暦十一月一日(二〇一一年陽暦十一月二十五日)、天正宮博物館での訓読会で真の父母様が語られたみ言の一部を翻訳し、整理したものです。 (文責・編集部)

天基二年天暦十一月一日(二〇一一年陽暦十一月二十五日)
韓国・清平、天正宮博物館

驚くべき次元の世界へ移動することのできる時
 新しい時代を過ぎていくと霊界も変わります。今に見ていなさい。

 立っている皆さんに真の父母が一言お話しします。

 これから皆さんは、合わせて生きていかなくてはなりません。息子、娘を教育しなくてはなりません。天の父母と地の父母、心と体が一つになった真の父母です。この、天地に大主人となる創造主と真の父母がいます。

 (アダムとエバが)真の父母となることができなかったので、全て分かれました。今や真の父母が完成、完結できる時代に突入してきたので、取り戻す時に入ってきました。新しい生命体、新しい復活の基盤がこの宇宙に訪ねてくるということを知り、信じて、それを守る人にならなければなりません。そのような皆さんの家庭は恩恵を受けるようになるのです。


続きを読む
posted by ffwpu at 10:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

平和の大王として天宙を主管してください(文鮮明天地人真の父母天宙聖和式での報告祈祷)

統一教会
朴 普熙

聖なる天のお父様、愛する天地人真の父母様。

 きょう私たちは、天の国に行かれる真のお父様の道が栄光となるように侍るためにこの場に集まりました。

 天のお父様、あなたが送ってくださいましたメシヤが、今その全ての使命を果たし、あなたのおそばに行かれます。苦労だけしてこられ、行かれるあなたの独り子を、神様、あなたの懐に、強く、強く、抱いてくださるようお願い申し上げます。

 天のお父様、なぜ、どうして、こんなにも早く、わが真のお父様を呼ばれたのでしょうか。哀れな私たちはどうすればよいのでしょうか。なぜそのようになさったのでしょうか。天が崩れてしまい、地が割れてしまうような思いであります。太陽が光を失ってしまい、私たちの周辺は暗黒天地に変わってしまいました。お父様を命のごとく、太陽のごとく、侍ってきた私たちでありますから、湧き上がる慟哭をどうすることもできません。止めることができません。
続きを読む
posted by ffwpu at 11:00| 統一教会牧会者説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。